ぐるっと廻って、やっぱりBill Evans か・・・

ジャズの歴史100年、どの部分をどう切り取って楽しもうが人それぞれってものだろうが、我が家のオカンの嗜好ベクトルにもどうやら焦点が定まってきたようで、きっと一番好きだろうと思われるピアノトリオについては、50〜60年代以外をあまり聴こうとしない。

とりわけ、ボクがよくかける Eliane Elias やら Renee Rosnes やらといった別嬪さん系は苦手だとおっしゃる。Yamanaka Chihiroなんて別嬪なおかつ若いはもう見向きもしない。思うに、ボクが音出しと同時にアーティストのビジュアル的側面を口にするものだから、それに軽い嫌気がさしているのかもしれない。スピードを伴ったドライブ感、転調や変拍子を伴うようなドラマチックさよりも、ある時期の落ち着いた世界にへたり込んでいたいようなのだ。

読者の皆様には、長らくうちの朝の食卓ジャズ情報をお知らせしていなかったのだが、これが最近、もう何とかの一つ覚えで Bill Evans メインになってしまっておりましてね・・・。Sonny Clark とか Kenny Drew とか Duke Jordan が気ままに混じりはする・・・という程度、しかも「やっぱりEvans!」の結論が自ずと出てくるような意図的にゾンザイな組み合わせ方をしてくれるのだ。昨今、食卓のCDプレーヤーの調子が悪く音飛びが頻繁なのだが、「Evansだけは絶対音が飛ばない!」とか妙にオカルト的な世界にまで突入なさっている。

今朝の一枚も Evans の名盤 "Interplay" これはEvansには珍しいクインテットもので、オカンにとってはそれなりに冒険領域なのだ。改めて耳を傾けると、リズム隊はもちろん、Jim Hall のギターも Fredie Hubbard のトランペットもどちらかというと遠慮気味の音色なのだ。まさにBill Evans を引き立てるために演奏していると言っても言い過ぎにならないだろう。Fredie Hubbard などはわざと Miles っぽくミュートで吹いてみたり、Art Farmer っぽいメローな音色を醸したりしながら、故意に自分の色を希釈、撹乱ようとしているようにも聴こえてしまう。オカンもその様子に満足しているようである。

ボクはたしかにいろんなジャズを聴いてきた。それぞれに独自の味があり、世界が広がっている。縦に堀っても面白い!横に掘っても面白い!そんなジャズの大海原渡航を止めちゃうなんてことは恐らく一生ないだろうと思っている。しかし、朝の陽光を浴びながら、まったりとジャム付きのトーストをかじっている時に、Bill Evans Trio が流れれくると、まさに釈迦の手のひらの上をぐるっと廻って帰ってきたかのような悟りの境地に達するのである。今日はそんな心境を映像にしてみたくて、上掲のような写真加工をしてみたわけ(後は駄文による蛇足でございます・・・)。

ジャズを聴き始めたころ、「一番好きなジャズ・ミュージシャンは誰?」と問われて Bill Evans と答えるのが恥ずかしかった。Cecil Taylor や Archie Shepp などと答えると格好がついたのかもしれないが、さすがに聴きこんでいないアーティストの名を答えて突っ込まれても困るから、無難なところ(恐れおおくもColtrane さまとか・・・)を小声で答えるわけ。モダンジャズ・ファンにはこういう屈折した心理がずっと纏わりついてきた。

おそらく今なら、Bill Evans が一番好き!と声を大にしていえる・・・ちょっと大人になった気分なのだ。ボクにとっては釈迦の手の平の上で云々というよりも、まさに家出少年が半世紀ぶりに自宅に戻ってきたような気恥かしさがあるのだ。オカンにはこの屈折の妙ってものが一切ない。だからこそ屈託なく、あっけらか~んとした顔付きで Jazz が聴いていられるのだろう・・・それが本当のジャズ聴きの素直な作法なのかもしれないな。








コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック